« 2010年9月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

フードアナリスト検定試験のご案内

『第14回フードアナリスト(R)検定試験』を
2011年2月20日(日)に東京・大阪にて実施!


「食の情報を解説する専門家」フードアナリスト
「フードアナリスト」とは、食のニュースを発信し、
食のトレンド情報を解説する専門家です。
個別のレストランや食材、食品について、
総合的に解説できるところにフードアナリストの専門性があります。
普段何気なく接する食材やレストラン、食文化について
体系的に学びますので、「食べることが大好きな人」
「フードビジネスに興味がある人」「食の教養を身につけたい人」
に大変お薦めです。
この「フードアナリスト検定」は2005年から実施され、今回で第14回目となります。
最近では、TVや雑誌でも話題の資格で、全国にて延べ6,000人以上のフードアナリストを輩出しております。
日本フードアナリスト協会の会員になられた方は、
レストラン格付けだけではなく、食・食空間に関する総合的な知識を持った方々が
雑誌の執筆や各種メディアのコメンテーター講師など
食の専門家としてさまざまな方面で活躍しています。

--------------------------------------------------------------------------------
◆申込方法:
 2010年12月1日~2011年1月31日までに所定の申込用紙をFAXまたは郵送、インターネットにてお申し込みください。  
 ※詳細はこちらから →http://www.foodanalyst.jp/examination.php
◆検定試験料: 7,000円(税込・事前振込が必要です)
◆持ち物: 受験票、筆記用具、写真入りの本人確認のできる物(免許証、学生証、パスポート等)
◆時間: 2011年2月20日(日)13:00~ ※試験時間:4級/60分
◆試験内容: 4級:4択50問 ※カリキュラム準拠
◆受験資格: 食文化に興味がある18歳以上の方 
 ※20歳未満の方は、親権者の承諾が必要です。
 ※2級2次試験の受験資格は3級資格の認定登録会員、2級1次試験合格者のみとなります。
◆検定試験合格率予想
  「フードアナリスト(R)」資格が権威のある資格であるとともに、有資格者の高い資質を保つため、「フードアナリスト(R)」検定試験は受験者の「フードアナリスト(R)」としての資質を厳正に審査することによって合格者を認定いたします。
◆注意事項:
 お申込後のキャンセル、返金、試験日のご変更はできませんのでお気をつけください。
 天候や交通トラブルが発生した場合は、当日または後日、再受験となる場合があります。
 この際、再受験に伴う諸費用(交通費・休業補償、その他いかなる補償や責任)の負担はできませんので、ご了承ください。
 はじめて受験される方は4級からのお申し込みとなります。
 4級試験合格後、フードアナリスト認定証・ライセンスカード・会員バッジの発行、および登録には、日本フードアナリスト協会に入会が必要です。登録入会金(初回のみ)15,000円、年会費10,000円です。
 登録後「正会員」向け各種サービス・情報を受け取ることができます。
 
 ◆試験会場
■東京会場■
東京栄養食糧専門学校
東京都世田谷区池尻2-23-11
アクセス:東急田園都市線池尻大橋駅東口下車徒歩5分
▼地図 http://www.shokuryo.ac.jp/dietitian/access.html
■大阪会場■
大阪トヨペットエンタプライズ株式会社 貸し会議室 Cホール
大阪市西区立売堀3丁目1番1号
アクセス:地下鉄中央線の阿波座駅 2番出口を出ますと、阪神高速が左に見えます。
そのまま、阪神高速に沿って真っすぐに歩きますと、100m程の右側、りそな銀行の東隣
▼地図http://www.ot-ep.co.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年2月 »